中田敦彦のYouTube大学が人気の理由は?その秘密を暴いてみた!

 

「あっちゃんのトークからすべてが学べる」

 

みなさん、こんにちは!

まな太郎(@manataro_blog)です。

 

中田敦彦のYouTube大学というチャンネルをご存知でしょうか?今年、開設をされたにもかかわらず、登録者数が現時点(2019.9.13)で100万人を突破している勢いがあるチャンネルです。

 

中田さんといえば、オリエンタルラジオで芸人として活動をされていたり、RADIO FISHとして、音楽活動をされている人という認識がある方が多いのではないでしょうか。

他にも、オンラインサロンを運営されていたり、幸福洗脳というアパレルブランドを設立されていたりと多彩な方だということがわかります。

そこで今回は、中田さんが運営されているYouTubeチャンネルの人気の秘密を解明させていただきます。

 

 

まず最初の導入部分について

 

 

中田さんの動画の導入部分では、ある法則性を導き出せます。

それを4つのポイントに分けてみました。

 

1.問いかけ

2.共感

3.メリットの提示

4.不安を取り除く
4つのポイントを言葉にしてみると以下のようになります。
1.「みなさん、〇〇という言葉を聞いたことありますか?」(問いかけ)
2.「何となくは知っているけどよくわからないという方が多いのではないでしょうか」(共感)
3.「これがわかると、こういうことができます」(メリットの提示)
4.「ちゃんと、理解できるようにしますので安心してついてきてください」(不安を取り除く)
導入部分だけでも、細かい工夫がされていることがわかりますね。
それでは、具体的に解説させていただきます。

問いかけ

 

中田敦彦のYouTube大学が人気な理由の一つは、視聴者との距離感が近いことでしょう。まるで自分がその場にいるような臨場感を与えてくれます。

それは、問いかけにも表れています。たとえば、動画の中で淡々と講義をするだけでは、よほど内容が面白くなければ、視聴者が魅力を感じることはありませんよね。

だからこそ、5分から10分の動画が人気になりやすいのですが、中田さんの動画は主に20分以上、長ければ40分近いものになります。

 

YouTubeにおいて、長い動画だとされているのもかかわらず、視聴者が魅了される理由は、問いかけることで距離感をなくして、まず最初に興味を持ってもらうという工夫をされているからなのです。

 

共感

 

人間は自分とは無関係なことには関心を持ちにくい傾向があります。

しかし、中田敦彦のYouTube大学では、視聴者に共感をしてもらうことで、「自分にも関係がある!」と考えてしまう状況を作り出しているのです。

例を挙げると、「今、ニュースで話題になっている〇〇を聞いたことがありますか」「名前は知っていても、実際にはよくわからないですよね」と視聴者に尋ねている場面が多く見られます。

 

それを聞いて思わず、「そうなんだよ、たしかに、それがわからないんだよなぁ」と視聴する人が共感できるようになっているのです。

中田敦彦のYouTube大学を見た人は、画面にグッと引き込まれること間違いないでしょう。

 

メリットの提示

 

自分が無関係ではなく、共感することができても、それを知ったところでメリットがなければ、動画を最後まで観てもらうには、まだ足りません。

そこで今度は、動画を見ることによって得られる利点を提示します。

例えば、「これを知っておくと今の日本がどのような状況におかれているのか理解できる」または、知らないと社会人として恥ずかしい」というのも動画を視聴するきっかけになりますよね。

ここまできてようやく視聴者は、「ちょっと、見てみようかな」と動画を観るモチベーションをあげることができるのです。

動画を視聴するメリットを伝えることは、動画作成者と視聴者の両方に利点があリます。

 

不安を取り除く

 

3つの過程を経て、これで十分かと思いきや、なんと!もう一つ工夫がされているのです。それは、不安を取り除くことです。

中田敦彦のYouTube大学で取り扱っている内容は、歴史や社会問題など、一筋縄ではいかないものが多くみられます。

一目見ただけでは、「何だか難しそうだな」「最後まで観て理解できるのかな」と不安な気持ちになる人が出てくることが考えられます。

 

そこで、「しっかりと理解させますので安心してついてきてください」と導入部分の最後に付け加えることで、不安を取り除いて、内容に集中してもらえるようにしているのだと考えることができます。

 

トークについて

 

トークについても、視聴者を飽きさせない工夫が細かく施されています。

ここでは、5つのポイントしぼって解説します。

 

1.比喩

2.モノマネ

3.笑い

4.アクティブに動く

5.緩急をつける

 

比喩

 

比喩というのは、たとえ話です。事実だけを言われても、現代を生きる私たちには、理解ができないことがあります。

たとえば、江戸時代を生きた侍の気持ちを想像するのは、難しいですよね。

平安時代やもっと昔の時代になると、さらに理解できなくなります。

これらの問題を解決するために、当時の事実と私たちの身近な例を組み合わせることで、わかりやすく伝えているのです。

 

中田敦彦のYouTube大学を観ていると、たとえ話がとても多いことに気がつくでしょう。

これは、視聴者が内容を理解しやすいように伝える方法の一つとしているのだと考えることができます。

モノマネ

 

内容を理解しやすくするための工夫として、歴史上の人物や有名人のマネをしてわかりやすく視聴者に伝えることもされています。

たとえば、歴史上の人物と聞いても、その人物がどのような思いで行動をしていたのかを想像するのは簡単ではありません。

ですので、モノマネによって、視聴者に歴史や社会問題について、理解をしやすくしているのです。

 

 

私が好きなのは、葉巻を片手に悪そうに話すタイプです。昔の政治家や強そうなイメージがある偉人をモノマネするときは、このパターンが多いです。

他にも、弱々しそうなタイプナルシストタイプなど、多くのモノマネパターンが存在しています。

「本当にそんな感じだったの?」とツッコミを入れたくなる場面を作り出すことで、隙を作り、視聴者の心をつかんでいるのです。

笑い

 

面白いなと思うのは、そこに笑いの要素があるからです。

例えば、おじさんなのに女子高校生の制服を着ているのを見ると思わず笑ってしまいそうになりますよね。

一方で、女子高校生おじさんぽい趣味を持っていても、面白いと感じられます。これにはギャップがあるからです。

中田敦彦のYouTube大学では、このようなギャップを動画に活用しています。

例えば、中田さんの「みなさんは、〇〇だと思っているでしょ?でも、実は〜なんです!」という言葉によって、「なるほど!それは面白いな」と視聴者に感じさせているのです。

他には、「〜なんてこと、普通は考えられないでしょ?」と問いかけるのも意外性を感じさせるため有効な手段であると思われます。

 

アクティブに動く

 

中田敦彦のYouTube大学では、画面の中でじっとしているものは少なくて、アクティブに動いていることが見てとれます。

1人2役をやってみたり、身振り手振りで動き続けているのは、視聴者を飽きさせないためと、記憶として残りやすくなるようにしているのだと考えられます。

文字とは違って、動画には聴覚と視覚を刺激できるという利点があります。

 

そこで、中田さんはアクティブに動くことで、視聴者の視覚と聴覚をうまく刺激していることがわかります。

動画の利点を最大限に生かして、情報を発信されています。

 

緩急をつける

 

最後に大切なポイントとなるのは、アクティブに動いている途中で突然に沈黙を作ることです。これは、間を置くという技術とされています。

間を置くことによって、視聴者を一気に集中モードにさせることができます。

重要となるポイントや特に伝えたいことについて、この方法をとっていることがよくわかります。

トークをする人にとって、沈黙は最も恐れることでしょう。

しかし、あえて自分からその空間を作り出すことによって、沈黙を頼れる味方にしてしまうところも中田さんのトークから学べることの一つなのです。

 

まとめ

 

中田さんがテレビに出演されていた際に話されていた受験生時代のエピソードで、眼帯をつけて、左右の脳を交互に休ませることで永遠に起きようとしたという話があります。

着想はイルカから得たというもので、私はこの話が大好きです。

そこから、中田さんのことをもっと知りたいと思い、テレビ番組をチェックしてみたり、本を読んだりしています。

 

中田さんの書籍についての記事は以下になります。

 

『天才の証明』(中田敦彦)

この本の紹介記事はこちらです

 

『労働2.0 やりたいことして、食べていく』(中田敦彦)

この本の紹介記事はこちらです

 

中田敦彦のYouTube大学』はコンテンツとして、とっても魅力的です。

この記事を読んでいただいて、この面白さを少しでも知っていただけたら幸いです。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

運営者のツイッターはこちら