フォロワーを増やすにはどうすればいいのか?

  • 2019年4月1日
  • 2019年4月2日
  • SNS
  • 36view
SNS

 

運営者のTwitterはこちらから→@manataro_blog

 

前回の記事はこちらから

 

 

みんな、今日もポジティブしてるかな?

 

どうも、まな太郎です。

 

今回は、

 

ツイッターのフォロワーを増やすにはどうしたらいいのか

 

について書きたいと思う。

 

そこで5つのポイントにまとめてみた。

 

それぞれ順を追って解説する。

 

 

5つのポイント

 

1.企画ツイートをやれ!

 

2.自分のことはつぶやくな。

 

3.インフルエンサーには無理して絡まなくていい。

 

4.ネガティブはやめろ。

 

5.監視者になるな。

 

 

 

企画ツイートをやれ!

 

 

これは第一に考えることである。

 

自分から相手に与えることが何よりも大事だからだ。

 

フォロワーが少ない時は

相互フォローに重きを置いた企画。

 

フォロワーが増えてきたら、紹介ツイート企画をやる。

 

この時、大切なのは必ず有言実行することだ。

 

なぜなら、君の信頼度に関係してくるからだ。

 

「やるって言ったのにやっていない。」

「この人は誠実ではない。」

 

一度、思われてしまったら終わりだ。

 

顔と名前がわからないから、いい加減にしてもいい。

 

という考えはやめたほうがいい。

 

顔と名前がわからないからこそ、

誠実に取り組まなければならないのだ。

 

また、この時にちょっとしたサプライズを含ませると良い。

企画ツイートに書いてないことをプラスαでやるのだ。

 

これはもちろん、

本来の企画ツイートが成立していなければならない。

 

これをするだけで、

 

過程は同じでも結果が変わる。

 

フォロワーは自分が思っていたよりも

お返しが多くきたことに対して抵抗はない。

 

しかし、それとは反対に

もらえると思っていたものが

もらえなかった時はマイナス感情を強く感じてしまうのだ。

 

だから、最初から実行できない企画なら

やらないほうがましだ。

 

自分から相手に渡せるものは何か。

しっかりと考えてから行動に移そう。

 

自分のことはつぶやくな。

 

「このツイートもっと反応されると思ったのにな…」

 

君はそう思った経験はないか?

 

パッとひらめき、これはいけるぞ!

と自信満々だったツイート。

何回も誤字脱字がないか確認したツイート。

 

そんな手間暇かけたツイートが

全然、反応されない。

 

「みんな分かってくれない…。」

 

言っておくが、そんなの当たり前だ。

 

君が、どこに行こうが、何を食べようが

他人からしたら知ったことではない。

そもそも、興味がない。

 

「あっそ、知らんがな。」

このような反応をされて当たり前だ。

 

なぜか?

それは、君とフォロワーは赤の他人だからだ。

相手に期待するだけで自分だけ対価を得ようなんて

ぬるい考えだ。

 

相手に反応してもらうには、どうするべきか。

答えは一つ。

 

相手のことについてツイートし、

自分のことは必要最低限にする。

 

冒頭では、自分のことはツイートしないと述べたが、

100%ツイートしてはいけないことはない。

 

なぜなら、自分のキャラクターを

相手に知ってもらう必要があるからだ。

 

しかし、あくまでも相手を第一に考えること。

フォロワーに対して思いやりを持って活動することで

君のフォロワーは増えていくだろう。

 

 

インフルエンサーには無理して絡まなくていい。

 

この点については、賛否両論があると思う。

 

インフルエンサーに絡むことのメリットは

私も理解しているし、実際にそれがきっかけで

フォロワーが増えた人を見ているからだ。

 

だが、私は

インフルエンサーには無理して絡まなくてもいいと

思っている。

 

なぜなら、インフルエンサーに絡むことが

フォロワーを減らすことになってしまう可能性があるからだ。

 

ツイッターをしていると、

インフルエンサーに媚びを売っている人たちを見かける。

 

普段は横柄な態度だが、

インフルエンサーに絡む時だけは態度が大人しくなる

といった方たちである。

 

気づいていないのかもしれないが、

自分の発言は全てフォロワーに見られていると考えたほうがいい。

 

私から一言。

 

「そこまでするなら、やめろ。」

 

媚びを売っている暇があるなら、

今、自分のことをフォローしてくれているフォロワーに対して

何かできることはないか、考えろ。

 

インフルエンサーには絡みたいときに絡む。

参加したい企画であったら参加する。

 

インフルエンサーも1人の人間だ。

 

フォロワーが多いと無条件で、すごい人間だと

錯覚してしまうが、同じ生身の人間なんだ。

 

実際に私は、無理をしてまで

インフルエンサーに絡んだことは一度もない。

 

 

ネガティブはやめろ。

 

 

「つらい。」

「苦しい。」

 

「あの、もしもし? 今日はどういった症状で?」

って、私はあなたのお医者さんではありませんよ。

 

とは言いつつも、ネガティブツイートを

したい気持ちは理解できる。

 

自分の気持ちを言葉にすると

少し気持ちが軽くなる。

 

これはストレスを解消するには良い手段だ。

 

だが、

それをツイッターで、やるな!

 

ポジティブなツイートを心がけろ。

 

と私は言いたい。

 

フォロワーは君の家族や友達ではない。

愚痴を聞かされても慰めてはくれない。

 

どうしても、ネガティブツイートしたいなら

 

「あなたの不満や不安を私が代弁します。」

と言い切って、ツイートすればいい。

 

そうすれば、君のツイートに共感したフォロワーからの

反応が得られるだろう。

 

監視者になるな。

 

ツイッターが見たくて見たくてたまらない。

反応来てるかな、来てないかな?

 

見ていないと自分だけが取り残されているようで不安。

 

その気持ち、よくわかる。

 

でも、だからといって、常にタイムラインを

監視しているのはやめたほうがいい。

 

なぜなら、君は現実を生きているからだ。

 

ツイッターに縛られてはいけない。

ツイッターに生かされてはならない。

 

「私の勝手なんだから別にいいでしょ?」

 

その通り、君は間違ってない。

 

だが、本当にそれでいいのか?

君は大切な何かを犠牲にしていないか?

 

見ているだけはやめろ。

それなら手を動かせ。

必死になれ。

 

ツイッターはあくまでもツールだ。

そのことを忘れてはならない。

 

 

まとめ

 

どんな世界でも楽をして手に入れたものは

すぐに消えて無くなってしまう。

 

ツイッターも同じだ。

 

ひたすら、自分からフォローする。

相手にしてもらうだけで自分からはしない。

フォロワーを買う。

 

もし、仮にそんなことでフォロワーが増えても

それは一時的なものだ。

 

そして、何より

普段のツイートのいいね、リツイートの数から

そんな小細工はバレてしまう。

 

最後に私が言いたいのは

「誠実にフォロワーさんに向き合うこと。」

 

君から、向き合うことで

今までは背中合わせだった状態から

 

いつの間にか、フォロワーさんからも

君の背中を押してくれるようになっているだろう。

 

運営者のツイッターはこちら