「すべてには理由があった。」

  • 2019年3月21日
  • 2019年4月1日
  • SNS
  • 49view
SNS

 

やあ、みんな!まな太郎(@manataro_blog)だ。

 

みんなへ

私の企画に参加してくれてありがとう!

 

まな太郎
まな太郎

ありがとうございましたにゃ!

ちか
ちか

あんた、いつの間にこんな事やってたの?

まな太郎
まな太郎

まずは、結果報告にゃ!

 

 

結果報告

 

・試験期間 2日
・フォロワー 317人(3/19 7:36)→631人(3/20 24:00)

・ツイートアクティビティ

インプレッション 25,365
エンゲージメント 1,171
プロフィールのクリック数 562
いいね 281
リツイート 226

まな太郎
まな太郎

フォロワーさんが約2倍になったにゃ!

嬉しいにゃ〜

 

この結果を踏まえて

今回は、 なぜ私がこのような企画をやったのか。

について書きたいと思う。

 

3つのポイント

 

1.ツイッターの現状について

 

2.なぜ語尾に「にゃ」をつけるのか

 

3.なぜ裏企画をやったのか

 

 

 

ツイッターの現状について

 

「私をフォローして、このツイートをRTしてくれた方にはフォロバと固定ツイートをRTします。」

 

こんなツイートを見たことがあるか?

 

まな太郎
まな太郎

ボクはよく見るにゃ!

ちか
ちか

今、流行ってるわね。

 

このツイートを一言で表すと

 

「あなたが私の欲しいものをくれたら、私もあげるね。」

 

という意味になる。

 

しかし、どのくらいの方が有言実行しているのか。

 

フォロバ100%と言いながら、結局は無視。

参加してくれた人間を軽く扱うような行動をよく目にする。

 

ちか
ちか

ホント、こういう人は信用できないわね

まな太郎
まな太郎

でも、これが現状なんだにゃ…。

 

私はその状況の中で、ある考えが浮かんだ。

 

 

「これを逆手に取ろう。」

 

本当にこれを有言実行することができれば、

それは価値のある行動になるのではないか。

そう思ったんだ。

 

ちか
ちか

そんなこと考えていたなんて、

あんた、意外と策士ね。

まな太郎
まな太郎

そんなことないにゃ。

当たり前のことを当たり前にやっただけにゃ。

 

そんな中で、私は一つの実験をしていた。

 

 

これは私のツイートだが、いいねとリツイートが一つもない。(撮影 3月21日 15時42分)

 

なぜか?

 

 

それは、

「自分のことをつぶやいているから。」

だ。

 

私は、この企画をやる前に

自分のことばかりをツイートしていた。

 

でもそれって他人からしたら

 

「ふーん、あっそ。興味ない。」

と思われて当然だよな。

 

試験期間中に

私が自分の事をつぶやいたツイートはこれだけだ。

 

それに加えて

何も反応を得られなかったツイートもこれだけだ。

 

もし、あなたがフォロワーさんが増えなくて悩んでいるのだとしたら

これが原因かもしれない。

 

 

なぜ語尾に「にゃ」をつけるのか

 

「親近感が生まれるから」

この一言に尽く。

 

では実際に

初対面の方に話しかけるセリフとして

次の2つの文章を比べてみてくれ。

 

「こんにちは!今日はいい天気だな。
散歩かな?いいな〜
ボクも最近、始めたんだ。」
「こんにちはにゃ!今日はいい天気だにゃ。
散歩かにゃ?いいにゃ〜
ボクも最近、始めたんだにゃ。」
ちか
ちか

そんなに変わらない気がするけど。

 

まな太郎
まな太郎

チカちゃん、よく考えて欲しいにゃ!
初対面でこれを言われたらどう思うにゃ?

 

ちか
ちか

うーん、ちょっと馴れ馴れしいかも。

これは語尾に「にゃ」がついているかだけの違いだ。

 

しかし、最初の文章は妙に馴れ馴れしい感じがしないか?

初対面であれば、なおさらだ。

対して語尾に「にゃ」をつけた方は
良い意味で、くだけた印象を与えることができるのだ。

 

では、敬語を使えばいいのではないか?

そう思う人もいると思う。

状況に応じて、敬語を使うことは大切だ。

 

しかし、SNSでは敬語はかえって親近感を無くしてしまうという欠点があるんだ。

 

よって私は語尾に「にゃ」をつけていたんだ。

 

ちか
ちか

ふーん。
でも、人によってはヤバイ奴が絡んできたって思うわよ。

 

まな太郎
まな太郎

それでもいいにゃ。

相手の印象に残るからにゃ!

 

ちか
ちか

こいつ、どこまでもポジティブだな…

 

 

なぜ裏企画をやったのか

 

今回の一番のポイントはここだ。

私は企画ツイートに一言もこの件について書かなかった。

それには理由がある。

 

ちか
ちか

なんで、そんなことしたの?

まな太郎
まな太郎

これにはボクの信念が関係してるにゃ。

 

あなたはこう思っていないか?

 

フォロワー数が多ければ多い方が良い

と。

 

だが、

 

誰がそんなこと決めたんだ?

 

確かにフォロワー数が多ければ大きな影響力を持つことができる。

しかし、あなたは自分のフォロワーさんのうち

何人をプロフィールを見ずに他人に紹介できるか?

 

一言でもいいんだ。

この人はどんな人なのか。何をやっている人なのか。

 

俺は、それが本当のフォロワーさんだと思っている。

今回、私は2日間で314人のフォロワーさんが増えた。

 

しかし、その中で50人。さらに言えば、

 

私の紹介ツイートにいいねやリツイート、リプライをしていただいた方。

その方達を大切にしたい。

それが私の信念だ。

 

 

さらにもう一つ理由がある。

「みんなが得をしている。」

これは、どういうことか?

 

私は、50名様の紹介をさせてもらった。

多くの方から「ありがとう」の言葉もいただいた。

 

しかし、本当は私の方から

「紹介させてくれてありがとう!」

と言いたい。

 

なぜならば、

「この事については、あの人のブログを見よう」

と知ることができたからだ。

 

私は、検索エンジンで表示された結果よりも

実際に交流した方の記事を見たいと考える。

 

まな太郎
まな太郎

それに加えて、
ボクの紹介ツイートを見た第3者が
情報を得るきっかけになるにゃ。

ちか
ちか

つまり、

企画に参加した人たち以外も
得をしているってこと?

まな太郎
まな太郎

そうだにゃ!

 

ちか
ちか

でも、それって
裏企画に当選しなかった人たちが
可哀想じゃない?

まな太郎
まな太郎

そんなことはないにゃ!
ボクはこれからも企画ツイートをするにゃ

 

その時には今のフォロワーさんも
対象にするにゃ〜

 

だから
今回、当選しなかった人たちも
また裏企画に参加できるにゃ!

 

 

ちか
ちか

なるほどね。そうやって
少しずつ本当のフォロワーさんっていうのを増やしていくのね。

まな太郎
まな太郎

そうだにゃ!
これがボクのやり方だにゃ。

怪しいアカウントも多いからにゃ…。

 

最後に

 

「なんで、この猫はこんな事をしているんだろう」

そう感じた人もいた。と考える。

 

だから、今回は私の行動の目的と信念について書かせていただいた。

 

私はいい加減なことは書きたくない。

 

今回、紹介させていただいた方々が

どんな方なのか?

出来るだけ、ブログなどから情報を得ようとした。

 

適当に相手に接するのはやめたほうがいい。

それは相手に伝わってしまうからだ。

 

SNSで得られる情報は限られている。

 

だからこそ、相手のことを知るために

より多くの時間。労力をかける必要がある

と私は考える。

 

ぜひ、君のことを私に教えてくれ!

 

君のことを私に広めさせてほしい!

 

 

ここまで読んでくれてありがとう。

次回は裏企画の具体的なやり方について紹介したいと思う。

運営者のツイッターはこちら